花粉症なんでもQ&A > 花粉のこと >花粉カレンダーを要確認!

花粉カレンダー(東京近郊)は壁に貼っておこう!

花粉症の原因となる、「スギ・ヒノキ・イネ科・ブタクサ・ヨモギ・カナムグラ」の花粉飛散時期をカレンダーにしました。 東京近辺のカレンダーなので、他地域はちょっと時期にズレがあると思います。

花粉カレンダー(スギ花粉は2月3月4月がピーク。ヒノキは3月下旬から4月一杯と5月上旬まで、イネ科は5月から6月、7月の上旬までと、9月10月の2回のピークがあります。ブタクサやヨモギ、カナムグラは8月9月10月の3ヶ月が花粉飛散のピークです。)

花粉が多く飛ぶ日ってあるの?

花粉にはカレンダーにあるようにその植物ごとの飛散時期があります。

最も多くの人が苦しめられているスギ花粉は、2月ぐらいから飛散しはじめて、3月にピークを迎えた後、4月にかけて減っていきます。 ヒノキ花粉はスギ花粉と比べるとちょうど1か月遅れで4月に飛散時期のピークを迎えます。

こうした時期的なものに加えて、以下の条件を満たす日はさらに花粉が多く飛散します。

1、最高気温が高い暖かな日
2、雨上がりの翌日で天気がいい日
3、風が強く、晴れていて、乾燥した日

春一番のような気温が高く、暖かな南風の吹く日は、花粉が多く飛びます。 スギやヒノキ以外のイネ科・ブタクサ・ヨモギ・カナムグラも乾燥して風の強い日などは、飛散範囲が広くなるので注意が必要です。

秋になっても花粉症が続く理由

花粉カレンダーをみてもらえばわかるように花粉症の原因となる植物の花粉が飛散する時期は、 3月や4月といった春先であることもあれば、7月8月といった夏まっさりの時期、9月10月の秋だったります。

春先の花粉症はほとんどの場合、スギ花粉が原因だと考えられますが、夏や秋になっての花粉症というといろいろ原因となる植物があるので、 確かなことは検査してみないとわかりません。ただ、おそらく夏はイネ科、秋はブタクサなような気がします。

この6種類すべての植物にアレルギー反応が出てしまうという人もいるので、そういう人は、悲しいかな、1年中花粉症に悩まされるといっても過言ではありません。

花粉症といえば圧倒的にスギ花粉に反応しているケースが多いですが、他の植物の花粉に反応しているケースもあるということは覚えておきましょう。

それから花粉症かと思ったら、ダニだったり、ハウスダストにアレルギー反応を起こしているということがあります。 花粉症だけでなくダニやハウスダストにも反応してしまうアレルギーのデパートみたいな人っていまでは普通にいますからね。

季節外れの花粉症は、一度しっかり検査してもらったほうがいいでしょう。