花粉症なんでもQ&A > 花粉症について > 花粉症の症状について

スギ花粉の影響は2月から。鼻や目など粘膜がやられやすい

花粉症といえば、

・サラサラの鼻水
・止まらないくしゃみ
・鼻づまりで口呼吸するしかない
・目のかゆみ
・涙が出る

といった鼻や目に出てくる症状が有名です。ちなみに「くしゃみ」は花粉を吹き飛ばすため、 「鼻水」「涙」は花粉を洗い流そうとしているため出てくる症状になります。 他にも皮膚やのどのかゆみ、熱っぽさやだるさといったものも花粉症の症状になります。

症状としては、アレルギー性鼻炎が起きるハウスダストと似ていて紛らわしいのですが、ハウスダストは通年性であるのに対して、 花粉症はアレルゲンが飛んでいる時期だけの季節性になります。

ただ、花粉症が季節性といっても、花粉カレンダーで紹介したように1年中、何らかの植物の花粉が 飛んでいるので、複数の植物の花粉にアレルギー反応を示すようであれば、1年中グズッているということもありえます。

こうなると、ハウスダストと区別するのは相当難しいと思います。

花粉症のなかでも最も患者数が多いスギ花粉症の場合、連続してスギ花粉が舞いだすのが2月中旬ぐらいですからこれぐらいから、 紹介したような花粉症の症状が出てくると思います。花粉症の人もそうでない人も2月になったら外出するときはマスクやメガネを するなど、早めに対策しておいたほうがいいでしょう。

症状がひどくなってからでは改善するのは非常に大変です。

毎年、1月になればその年のスギ花粉飛散開始日であったり、今年は花粉が多いか少ないか予報があるので、それを確認しておくことも大事です。 こうした情報はすでに花粉症の人は、けっこう確認されているんですが、花粉症でない人は他人事だと思って確認していないケースがほとんどだと思います。

過去、診療所で行った調査によると、花粉が多い年はやはり初診患者も増える傾向にあるそうです。 つまり、去年までは何の問題もなかった人が、大量の花粉にさらされることで、花粉症を発症するということなんです。

なってみてはじめてわかるのが花粉症の辛さです。そしてなってからでは遅いのが花粉症です。 花粉症にならないことが一番理想なので、しっかり花粉の飛散状況を確認して対策することが大切です。

男性より女性のほうが花粉症になりやすい!?

女性として生まれたことを恨みたくなるような事実なんですが、実は男性よりも女性のほうが花粉症になりやすいといわれています。 特に妊娠や出産をきっかけに発症するという人が多いとか。

理由は、ホルモンバランスの変化です。ホルモンバランスは免疫バランスともリンクしているので、これが女性の花粉症のなりやすさに 影響しているといわれています。妊娠や出産となるとそれこそ大変動するわけですから、花粉症になってもおかしくありません。

ただ、逆パターンもあって、妊娠や出産をきっかけにこれまで苦しめられていた花粉症が治るということもあります。 胎児は免疫学で見ると母体にとっては『異物』になるので、その胎児を長期間にわたり体内で育てていくうちに 母体の免疫力やホルモンバランスが大きく変わるのが原因なんだとか。

う~ん、人体って不思議ですね~。

花粉症が突然治ったというケースや体内に異物を取りいれることで免疫バランスを大きく変える方法については、 「寄生虫と乳酸菌と免疫の話」でも解説しているので、チェックしてみてください。

■ 花粉症になると老ける~花粉症の二次被害

花粉症になると、目が痒くて擦ってしまったり、何度も鼻をかむので鼻の下が荒れてしまったりします。肌へのダメージがけっこうあるんですね。

皮膚は擦ると、その刺激でメラニンが生成されてしまうので、その部分に色素沈着が起こります。特に目の周りなどは皮膚が薄いので、 ダメージに弱いこともあって、すぐに黒ずんできますし、まぶたが腫れてくることもあります。

また、アレルゲンである花粉が肌に触れることで炎症が起きてしまうので、その炎症が活性酸素を発生させて、肌老化を促進するということもあるので、 花粉症の人は肌が荒れて汚いことはもちろんですが、見た目が老けるのも早いということがいえます。

これまた、女性にとっては、「オーマイガー」ですよね。

花粉のシーズンを迎えるたびに肌老けが進んでしまうというのは結構辛いはずです。

詳しいことは「効果のある予防方法」で紹介しますが、花粉は吸い込まないことも大切ですが、 肌に付着させないということも重要になります。抗炎症作用があり、疑似角層を作ってくれるクリームなどを使って、花粉の時期はスキンケアすることが大切になります。