花粉症なんでもQ&A~知っておきたい花粉症対策の最新情報

花粉症で毎年、死にそうになっている方へ

鼻がムズムズしてませんか?サラサラの鼻水が無意識のうちに垂れていませんか?

風邪を引いたわけでもないのにこんな症状があるなら ついにあなたも花粉症デビューかもしれません。花粉症って文字通りいきなり発症するので、去年大丈夫だから今年も大丈夫ってことにはならないんですね。

ご存じのように花粉症は、スギ花粉やヒノキ花粉などの花粉によって引き起こされるアレルギー疾患です。 毎年、3~4月になると目のかゆみ、鼻水、鼻づまり、くしゃみといった症状に襲われるというのが典型的な花粉症です。

人間の身体というのは体内に異物(抗原)が入ると、それに結合する免疫タンパク質が作られて、さまざまな免疫反応が起こります。 この免疫反応が過剰に起こることをアレルギーといい、その原因がスギ花粉やヒノキ花粉などの花粉である場合が花粉症です。

目や鼻に症状があらわれるのは、目と鼻が外気に接しているため花粉に触れる機会が多いこと、免疫反応に関係の深い粘膜組織だからです。 ちなみに肌も外気に接しているため花粉に触れる機会が多いんですが、粘膜組織ではないことと、バリア機能があるため、鼻や目ほど影響はでません。

ただ、花粉症の人にとってはアレルゲンである花粉が肌に触れ続けるのは、決してよいことではありません。 その証拠に「花粉症皮膚炎」というものがあって、これは花粉に触れることで肌が炎症を起こしてしまうことです。

春先の敏感肌の正体が実は、この花粉症皮膚炎であることも実は多いんですね。

花粉症が「発症」する仕組み

花粉症はなぜ突然、発症するのか?不思議ですよね。

発症メカニズムとしては、諸説あるようなんですが、花粉を吸いこむことで花粉に対する抗体(IgE抗体)が作られて、 このIgE抗体が一定量に達するとアレルギー症状を引き起こすようになるというのがいまのところ通説なようです。

人それぞれにIgE抗体を受け入れるだけの器(=限界値)が設定されていると考えるとわかりやすいかもしれません。毎年、毎年、器にどんどん蓄積されていって、 ある日、その器から溢れてしまったときが花粉症を発症するタイミングとなるということです。

この器が大きければ大きいほど、花粉症は発症しにくいといえますし、同じ大きさの器の持ち主であっても花粉の多い地域で育った人というのは、 少ない地域の人と比べて、どんどんIgE抗体が産生されていくわけですから器がいっぱいになるのも早くなるといえます。

私は、都内在住なんですけど、自然豊かな東京の西側の檜原村あたりに住もうかなーと考えた時期があったんですが、 檜原村は東京で最も飛散花粉が多い地域と知って諦めた過去があります。

最近は、毎年のように今年の花粉の飛散状況はどうだといった予報があると思いますが、やっぱり花粉が多い年は、花粉症を発症する人が多いみたいです。

今や3人に1人が花粉症といわれていますから、花粉症である人はもちろん、今はまだ花粉症じゃない人は正しい知識を知って、日常生活に活かしていくことが大切です。

注目!最優先してチェックしたい花粉症情報

  • 花粉カレンダーをチェック!

    花粉症の原因になるのは何もスギやヒノキだけではありません。道端や空き地、河川敷などに普通に生えている草の花粉でもアレルギー反応が出るので要注意。季節に応じて飛び交う花粉が異なるので、いつどんな花粉が飛んでいるのか?確認しておきましょう。
  • なぜ、スギ花粉を減らせないのか?

    世界三大花粉症の1つに数えられる日本の花粉症は、戦後行われた異常な植林が原因です。「スギやヒノキをどんどん伐採すればいいじゃないか!」というのが花粉症で苦しむ人の本音だと思いますが、実際そうはことが運びません。
  • 寄生虫と乳酸菌と免疫の話

    ヨーグルトを食べるといいとか、ルイボスティーを飲むのがいいとか、べにふうき茶がいいとか、いろいろいわれていますが、免疫を正しく機能させるにはどうしたらいいかユニークな説と一緒に解説します。
  • 花粉シーズンの心得

    すでに花粉症の人もそうでない人も症状を悪化させないために日常生活でどんなことを気をつければいいか知るのは役立つはずです。基本はとにかく花粉を避けるということです。
        

新着

「で、花粉症って治るの?」を更新しました。

「花粉症によくあるQ&A」を更新しました。

2014/08/02「スギ花粉を減らす活動について」を更新しました。